【会概要】 

 平成20年、今日の形骸化した道徳教育を是正し、あるべき道徳の教科書を子供たちに届けようと設立された会。同年2月から、道徳教科書の作成に向けて「『道徳教科書』勉強会」を月1、2回の頻度で開催(全10回。詳細は「道徳教科書勉強会」を参照)。同9月には「教科書に載せたい道徳の話募集!」と題して、子供たちに語り伝えたい感動の話を募集、審査。

 平成21年暮れから、道徳教科書編集委員会を開き、中学生向けの具体的なパイロット版道徳教科書の作成作業に入り、平成24年2月11日に『13歳からの道徳教科書』を刊行。9刷4万部と好評を博す。翌年の平成25年11月25日には、姉妹編として、小学生(高学年)向けのパイロット版道徳教科書『はじめての道徳教科書』を発売する。

 

【代表世話人】 

渡部昇一(上智大学名誉教授)

 

【世話人】 

石井公一郎(元東京都教育委員)

市村真一 (京都大学名誉教授)

稲村和夫 (京セラ名誉会長)

植田宏和 (元全日本教職員連盟委員長)

江口克彦 (参議院議員)

岡崎久彦 (元駐タイ大使)

小野田寛郎 (小野田自然塾理事長)

鍵山秀三郎 (日本を美しくする会相談役)

北尾吉孝(SBIホールディングス代表取締役執行役員社長)

黒田耕誠(広島大学名誉教授)

島村元紹(島村楽器代表取締役会長)

上甲晃(志ネットワーク代表)

鈴木勲(日本弘道会会長)

千玄室(裏千家前家元)

寺田一清(不尽叢書刊行会代表)

童門冬二(作家)

鳥羽博道(ドトールコーヒー名誉会長)

中條高徳(日本国際文化協会会長)

中西輝政(京都大学名誉教授)

野口健(アルピニスト)

平岡龍人(清風明育社理事長)

廣池幹堂(モラロジー研究所理事長)

藤尾秀昭(致知出版社代表取締役社長)

丸山敏秋(倫理研究所理事長)

三浦朱門(日本藝術院院長)

村上和雄(筑波大学名誉教授)

屋山太郎(政治評論家)

渡辺利夫(拓殖大学総長)

※五十音順。肩書きは平成25年11月時点のもの

 

【賛同者】 各界代表130名

       ※賛同者については、下のファイルをダウンロードしてご確認ください。

「道徳教育をすすめる有識者の会」賛同者一覧
賛同者名簿.pdf
PDFファイル 194.5 KB